2012年2月アーカイブ

2011年3月11日東日本大震災・東京電力福島原発大事故は、世界をすっかり変えてしまいました。・・・その間隙をついて「憲法審査会」始動!・・・「改憲」の動きが着々と進められています。  「脱原発」「原発なしで暮らしたい」という私たちの想い、憲法、基本的人権、生存権が危うくなっています。                                                        東京から、高田健さん(許すな!憲法改悪・市民連絡会)をお迎えして、いよいよ始動した「改憲」の動きをうかがいます。是非、ご参加下さい。                                    日時 2012年 3月 3日 18:30~20:30                          会場 札幌市エルプラザ2階 環境研修室                                   講師 高田 健さん (許すな!憲法改悪・市民連絡会)                    参加費 500円                                             共催 市民自治を創る会 「市民の広場」札幌 護憲ネットワーク北海道     

DSC04614.JPG 2月5日、吉田正司さん(沖縄一坪反戦地主会関東ブロック運営委員)を迎えて沖縄 東村・高江で強行されているヘリパット建設や辺野古新基地建設に向けた環境調査などに対する反対行動についてのお話を聞きました。                                                吉田さんは、最初に一坪反戦地主会の結成・取り組みについて紹介した後、辺野古における環境調査強行の映像を流しながら説明しました。沖縄県民の総意である「県外移設」の経過や官僚依存の政府の強行姿勢と米国の軍事予算削減に伴うグアム移転断念の矛盾について鋭く指摘しました。  「辺野古が出来なければグアムも出来ません。」という米国議会議員の発言にも触れ、「普天間基地撤去」が風前の灯火になっていると警告をしました。                             後援・賛同ありがとうございました。                                        後援団体・・・北海道平和運動フォーラム                                   賛同団体・・・国労北海道本部、国労札幌地区本部、札幌市教職員組合、札幌市退職教職員協議       会、札幌圏連帯労組、改憲阻止労働者市民行動、人民の力・道央委員会、社民党北海道連合、社民党札幌支部連合、新社会党北海道本部、新社会党札幌圏総支部、新社会党旭川総支部、新社会党釧路支部、新社会党名寄支部、新社会党稚内支部、新社会党浜頓別支部           賛同個人・・・日浅成俊、武田功、伊藤正次、高山秀雄、今野悦夫、石黒文紀、横田厚、工藤光弘、栗原隆夫、千代隆久、吉井健一、新保清和、渋谷澄夫、築地政樹、木山誠二、鈴木捷影、浅野隆雄小柳政行、成田強、今田光春、坪坂一明、鈴木孝、竹田栄一、高橋幸夫、伊藤浩二佐々木南夫、木田博典、道林寛、小林幸一、山口たか、坂本俊治、丸山勇、吉岡博子、乙川洋子、星諒、石田せつ子、河田千代子、阿部秀吉、荒井稔、工藤修、工藤治子、久保晃、小林和彦、菅原須磨子、高田勇高橋紀行、永江力、中山登紀恵、白馬武、本間定良、八重樫好、山方三紀、吉田勝弘、以上                           

 

 2012年護憲ネットワーク北海道チラシ.jtd