2013年11月アーカイブ

[ グローバリズムと憲法 ]

~~「世界に幽霊が出る、グローバリズムという幽霊が出る。」~~~~                            

     「ヨーロッパに幽霊が出る・・・」という有名な論文がありますが、これを現代に当てはめると「世界に幽霊が出る、グローバリズムという幽霊が出る。」になるでしょう。                                                
  グローバリズムは、米国を中心とした大企業が世界各国の隅々まで駆けめぐり利益を吸い上げていきます。誇張して述べると、グローバリズムが浸透した後の土地には、草一本残らない干上がった土地とやせこけた人々が食糧を求めてさまよい歩いているばかりです。                                        
   その一環としてのTPPであり、現在アジアや中南米の後進国を巻き込むべく年内妥結を目指して精力的に交渉を進めています。各国に「命より利益を」認めさせるものです。交渉入りに当たって秘密条約を締結しました。膨大な交渉内容テキスト(英文)を情報公開してはならず、交渉成立後も4年間は交渉内容の秘密保全を約束させられています。                                                                   
   現在、国会議員もその内容を知ることはできませんが、交渉成立後の条約批准に当たる国会論議においても二国間・多国間の交渉内容も存在することから前述したように全ての交渉内容を知ることはできません。国会議員ですら知り得ない情報を国民が知ることができるはずがなく国民主権を否定するものです。                                                                        
    「重要五品目(米、麦、牛肉と豚肉、乳製品、甘味資源)の関税撤廃の除外から抜けるか、否か検討しないといけない。」との自民党西川TPP対策委員長の発言を巡って現在、自民党やJAが混乱しております。                                                                                              TPPを「TとんでもないPペテンのPプロジェクト」と揶揄している医師がおりますが、前述したように国民主権を否定するものであるばかりか、次の憲法条項に違反することは明白です。条項の末尾に次の文章を加筆しなければなりません。「但し、外国投資家の利益を害してはならない。」    

  ・憲法21条1項「一切の表現の自由は、外国投資家の利益に反しない限り、これを保障する。」         2項「一切の表現の自由は、保障する。」「但し、例外的に制限する場合も外国投資家の利益に       反する場合はこれを認めない。」(遺伝子組み換え食品表示義務の廃止など)             ・25条(生存権)、                                                                              ・27条(労働の権利・義務、労働条件)、                                                      
    ・41条「国会は、国権の最高機関であって国の唯一の立法機関である。」「但し、国会は、ISD         による仲裁裁判所には従わなければならない。」                                 

   ・76条「全て司法権は、最高裁・・・裁判所に属する。」「但し、外国投資家と・地方公共団体に関       する紛争については、司法権は外国投資家の選択による私設国際仲裁裁判所に属する。」      
    ・92条「地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいて法律でこれ       を定める。」「但し、ISD手続きによる国際仲裁には従わなければならない。」                       

  ・94条「地方公共団体は、ISD手続きによる国際仲裁裁判所に反しない限度での範囲で その財       産を管理し、事務を処理し及び行政を執行する権限を有し、法律及び同国際仲裁裁判所に反し         ない限度での範囲内で条例を制定することができる。」                                      

  ・99条「公務員は、この憲法を尊重し、擁護する義務を負う。」「但し、ISD手続きによる仲裁判断       がこの憲法と異なる場合は、仲裁判断に従わなければならない。」                                              
   ・注・・・「国際仲裁裁判所」・・・仲裁と言えば中立・公平な感じを持つが、国連とも関係な  く国際的認を得たものではない。米国などのグローバル企業が都合の良い人物を選んで  裁判官として裁判を行う。当然、判決はグローバル企業の勝利に終わるとんでもない代   物。裁判が終了すれば解散するので誰も責任を問われないし、問うこともできない。     マスコミは、これを知っていて隠蔽している。                                                                                       この文書を記述するに当たっては、インターネット記事(「TPPに反対する弁護士ネットワーク共  同代表・岩月浩二氏」を参照しました。                                   

    マスコミは、重要五品目だけを取り上げ農業問題に歪曲していますが、前述したよう   に日本の全てを米国大企業に売り渡すのです。                                     
・・・・・・・・敢えて、2012年末の総選挙における自民党公約を掲載する・・・・・・・・・・・・・・ 
                                         

  ① 聖域なき関税撤廃を前提とする限りTPP交渉に参加しない。
  ② 自由貿易の理念に反する工業製品の数値目標を受け入れない。
  ③ 国民皆保険制度を守る。
  ④ 食の安全・安心の基準を守る。
  ⑤ 国の主権を損なうISD条項に合意しない。
  ⑥ 政府調達・金融サービスなどで我が国の特性を踏まえる。                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        TPPでの交渉分野・・・21項目・・・ゆりかごから墓場まで
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                                      

                                          
                                
   ・物品市場アクセス・原産地規制・貿易円滑化・SPS(衛生植物検疫)
 ・TBT(貿易の技術的障害)・貿易救済(セーフガード等)・政府調達
 ・知的財産・競争政策・越境サービス貿易・商用関係者の移動
 ・金融サービス・電気通信サービス・電子商取引・投資・環境・労働
 ・制度的事項・紛争解決・協力・分野横断的事項       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・